韓国ソウルを楽しむためのB級グルメ、ホテル・滞在、観光、ショッピングなどのお役立ち情報等をとことん紹介します。

グルメ

スポンサードリンク

ユッサムネンミョン 東大門店

手頃な値段と美味しさで、最近人気の「ユッサムネンミョン」。あちこちに支店が増えているようですが、今回は東大門店に行って来ました。

場所は東大門のショッピングエリア、ミリオレとハローApmの間の路地の地下に有ります。
ミリオレの近くなのでわかりやすいですね。
情報では24時間営業とのことでしたが実際早朝に覗いてみたら、さすがに朝の時間帯は閉まっているようでした。

【ユッサムネンミョン 東大門店】

メニューはシンプルで、冷麺と豚の炭火焼(テジカルビ)のセットのみ。
冷麺はムルネンミョン(スープあり,辛くないタイプ)とビビンネンミョン(スープなし,赤くて辛いタイプ)の2種類。それぞれにテジカルビの皿がついて6500Wと驚きの価格です。
流行るわけですよね〜  しかも美味しい!!

実はこれまで食べた冷麺の中でもかなり上位、もしかして一番口に合う冷麺かも。
この日はスープ有りのムルネンミョンセットでしたが、これがなかなかにウマイ。
そば粉の加減なのか、ゴムのように噛み切れない食感のものや、あまりに薄味で淡白すぎるものもあり、おいしい冷麺にめぐり合うのは難しいのですが、今回はアタリでした。

【ユッサムネンミョン】

テーブルにからしや酢がおいてあり、自分で味を足すこともできますが、そのままでも充分でした。
実は、からしの容器が大きかったので、マスタードのようなマイルドな辛さなのかと思い、勢い良くピューッと出したところ、相当な辛さでちょっと失敗しました。

冷麺のトッピングは大根、きゅうり、ゆで卵などでシンプル。少し凍ってシャリシャリしたスープが暑い日にはご馳走です。

【冷麺のトッピングは大根、きゅうり、ゆで卵などでシンプル】

冷麺だけでは若干寂しいのですが、焼き肉が付いているので、食事としても充分な満足感。
テジカルビの量もたっぷりで食べごたえがあります。味付けはにんにくが効いた甘辛味。

メニューがシンプルな点とこのお値打ち価格なので、キムチも付かないし、お水もセルフサービス。
麺の硬さが程良いので、ハサミで切らなくても大丈夫ですが、冷麺をカットするハサミが必要な人は自分で取ってね、というスタイル。
お会計は先払い、席につく前に注文を決めてレジで精算します。このように無駄を排除してコストを下げているのですね。

人気の店なので昼時には混んでいます。それでも回転が早いので、待ち時間は少ないようです。
店頭には日本語表記の看板もありました。 おいしい冷麺、ぜひ試してみてね。


明洞:王妃家で一人焼肉

ソウルでのお一人さまご飯は、チョイスが限られてしまいますが、やはり焼肉はハズせない。。。という時に便利なお店「王妃家」です。

韓国では通常ひとりで食事をすることが少なく、食事は誰かと一緒が基本です。
一人だとついつい簡単な屋台や、ファストフードになりがちですが、せっかくなので美味しい物も食べたいですよね。

そこで最近はお一人さま歓迎の店も徐々に増えてきたようです。ここ「王妃家」は明洞に2店舗展開する人気店。地下鉄明洞駅に近いほうが本店?でしょうか。
このたび訪れたのは、地下鉄乙支路入口駅寄りの2号店です。

【明洞:王妃家で一人焼肉】

場所はソウルロイヤルホテルのそば。両替のレートが良いと評判のセブンイレブンのすぐ近所。
お店はビルの2階に有ります。

複数で注文する場合は、テーブルで焼くいつものスタイルの焼肉もありますが、お一人さまには、便利な焼肉定食が各種揃っています。

昼と夜で若干値段が異なりますが、内容はほぼ同じようです。(ランチがお得)
定食なので、厨房で焼いてお更に盛り合わせた焼き肉ですが、付け合わせのパッチャンも豊富だし、サンチュ(肉を包むレタスのような葉物野菜)もたっぷり。

豚のカルビ、牛のカルビ、牛のトモバラなどから肉の種類を選びます。
テジ(豚)カルビはよく食べるので、今回は牛のトモバラを注文しました。夜の時間帯は13000Wですが、ランチタイムには12000Wとさらにお値打ちですよ。

トモバラがどのあたりの部位なのか詳しくはわかりませんが、適度に脂がのっていて、薄切りなので、食べやすいですね。このお値段にしてはボリュームも申し分なし。
お約束のサンチュに包んでいただくと、なかなかのレベルです。

【明洞:王妃家で一人焼肉はおかずが多い・・・】


【明洞:王妃家で一人焼肉】

驚いたのはおかずの種類の多いこと!!基本、一人分だからと量が少ないわけでなく、決まった量が運ばれてくるので、さすがに完食はムリでした。

まず、豆もやしのナムル、キャベツの千切りサラダ、茹でたブロッコリと刺身コンニャク風、大根ときゅうりの醤油味の漬物、冷奴、白菜キムチ、ほうれん草のナムル、ネギの和え物、韓国ノリなどがズラーッと並びます。

【明洞:王妃家で一人焼肉】

【明洞:王妃家で一人焼肉のおかず】

ご飯、辛い味付けのビビンそうめん、豆腐とおからのミニチゲまで付いて、テーブル一杯です。
正直このお値段で、この内容にはびっくりです。しかも明洞の一等地です。

美味しい焼肉屋さんは数多いでしょうが、これだけ気軽にかつ本格的な焼肉を楽しめるのは嬉しいですね。

人気店なので混んでいますが、店内は意外と奥行きがあり席数も多いので、少しの待ち時間で案内されました。
お店の方も一人客に対し寛容で嫌な顔もされず、気持よく食事ができて満足です。

入り口には はるな愛の写真があったので、何かつながりがあるのでしょうか。
観光客相手の店というよりは、地元の方が多いのも良い感じでした。


パッピンス ソルビン(雪氷)かき氷

釜山発祥のソルビンはあっという間に韓国を席巻。ソウルにもたくさん支店ができました。
雪氷(ソルビン)の名前の通り、パウダースノーのような氷は一度食べたr忘れられない味。

夏はやっぱりパッピンスというわけで、お買い物や観光に疲れたら冷たいスイーツでひと休み。
今回は東大門エリアを中心に動いたので、ソルビン東大門店に行って来ました。

場所は地下鉄 東大門歴史公園駅のそば。ロッテフィットインのビルの近くです。
ビルの2階なので、少しわかりにくいかもしれません。GS25コンビニを目印に、上を見上げると見つかります。

【パッピンス ソルビン(雪氷)かき氷】

【パッピンス ソルビン(雪氷)かき氷】

時間帯にもよるのでしょうが、この日は比較的空いていてゆっくり落ち着けました。
量が多めなので本当は2人でシェアすると良いのですが、この日は一人でひとつ注文。存分に堪能しましょう。

一番の看板メニューはきな粉たっぷりの インジョルミ ソルビンパッピンスです。
アズキを載せたものや、フルーツ系にも心惹かれますが、やはりイチオシはきな粉かな。

見た目は地味ですが、奥の深い美味しさです。まず氷が違う!!
最近はこのパウダースノー状の氷を他店でもみかけるようになりましたが、新食感のふわさらかき氷といえばソルビンでしょう。初めて食べた時は感動モノでした。

【ソルビン(雪氷) きな粉かき氷】

黒蜜のようなシロップが添えられています。大量のきな粉の他には、小さめのお餅やナッツ、練乳も入り、どことなく和風テイスト。
お餅のモッチリ感やナッツのトッピングがアクセントになって食べ飽きません。
このボリュームとクオリティで7000Wはお値打ちだと思います。

【ソルビン(雪氷) きな粉かき氷】

釜山では持ち帰り用の一人ピンス(小さめサイズ)があるそうですが、ここ東大門の店にはまだ準備できてないようでした。
店の立地が2階にあるので、カフェ的な利用が多く、あまりテイクアウトには力を入れてない模様。

歩き疲れてたどりついたオアシスのよう。美味しいパッピンスでリフレッシュできました。


福岡空港ビジネスラウンジ

今回はアシアナのマイレージを使用してのソウルひとり旅。思えば昨年のマーズウイルス騒ぎから約1年ぶりの韓国です。

ビジネスクラスはチェックインカウンターでも優先的に手続きができ、非常にスムーズ。ビジネスラウンジ利用のチケットを手渡され、早速おでかけしま〜す。

福岡空港の国際線ターミナルは規模が小さいので、アシアナ単独のラウンジではなく、いくつかの航空会社共同の利用となっています。

【福岡空港ビジネスラウンジ入場券】

【福岡空港ビジネスラウンジの入り口】

入り口で先ほど受けとった利用券を見せ、中へ。それほど広くありませんが、セルフサービスで簡単な飲み物、スナックなどのコーナーがあり、PCが使えるデスクやゆったりソファ席が配置されています。

【福岡空港ビジネスラウンジサービス】

【福岡空港ビジネスラウンジサービス~アルコール類、おつまみ】

【福岡空港ビジネスラウンジサービス~ごはん、カップ麺】

飲み物はコーヒー、紅茶、ソフトドリンクの他、アルコールも充実。
その中でも、よく飲食店で見かけるような生ビールのサーバーがあるのに驚き!!
このサーバーは自分でグラスをセットしたら、自動でビールが注がれるタイプ。誰でも失敗なく美味しいビールが楽しめます。
ちなみに帰国便の仁川のアシアナラウンジのビールサーバーは自分でレバーを操作して注ぐタイプでしたので、素人には難易度高し。。。泡ばっかりで肝心のビールが少ない残念な結果に。。。

【ビールサーバー】

【ビールとおつまみ】

スナック類は簡単なものが中心で、これといった特徴はありません。
クロワッサンが好きなので、試食してみましたが、コンビニにのパンのほうがレベルが上(笑)
あとはおかきやアラレ、ナッツ入りの小袋タイプのおつまみをいただきました。
小腹がすいたら、カップ麺やスープなどもあります。

【ラウンジの座席】

コーヒーは専用のマシーンで抽出するタイプでしたが、こちらも味はイマイチというところ。
やはりカフェではないので、本格的なコーヒーを期待するのはムリな話ですね。

出発までの待ち時間をゆっくり過ごせるのはいいですね。おかげでソウルでのプランをじっくり考えることができました。
ラウンジ利用者はほとんどが海外出張のビジネスマンの男性ばかりのようで、皆さん熱心にPCでお仕事の続きをなさっているご様子。
お気楽な旅行者風な私のようなおばちゃんは浮いてる?

場所は免税店のそば、空港の中心あたり。いつもはエコノミー席で縁のない所ですが、今回はマイレージのアップグレードのおかげで楽しませていただきました。


ヘソンカルグクス 清涼里

ヘソンルグクスは清涼里にあるカルグクス(韓国うどん)の専門店です。
清涼里駅の風俗エリアとは反対側の明るい大通りをまっすぐ進むと、大きい病院があります。
ベニキアフラワーホテルに向かう道筋、この病院の近くの隠れた名店です。地元密着型の地味な店構えなので、うっかり通り過ぎないように注意!!

【ヘソンカルグクス~カルグクス】

【ヘソンカルグクス~カルグクス】

メニューはカルグクスのみ。チキンとイワシの2種類で、いずれも7000Wです。
選択はこれしかないので、チキンかイワシか選ぶだけで簡単ですね。
同じくカルグクスが有名なミョンドンギョジャ(明洞餃子)では、うどんにいろんな具がトッピングされていたり、夏は冷たい麺があったり、サイドメニューの餃子があったりと多彩ですが、ここヘソンカルグクスはあくまでも自慢の看板メニュー、シンプルなカルグクスのみで勝負のようです。

2人で行ったので、チキンとイワシをひとつずつ注文。厨房を覗くと、配達の用意をしているようで、出前にも対応できる様子でした。

【ヘソンカルグクス~店内】

昼前の早い時間帯でしたが、お客様はひっきりなし。次々に席が埋まって行きました。
客層も幅広く、若いカップルなんかもいますね。みんな麺類が好きなのね。

麺を手打ちして注文の都度作るため、でき上がりまでに多少時間がかかる場合があります。
客席を見回すと、チキンとイワシはほぼ半々くらいの割合で注文されているようです。
好みの問題ですね。麺は共通ですが、スープが大きく違います。

まずチキンの方は当然鶏スープ。鶏肉を細かく裂いてトッピングされています。
イワシの方は、いりこだしに近い味。こちらはダシのみでトッピングはありません。

驚くのが麺のボリュームです。自慢の手打ち麺をしっかり味わって欲しいという事なのか、通常の量の2倍はありそうです。超大盛りで、残念ながら完食できず。。。

さすがに有名店だけあって、カルグクスの食感は今まで食べたことが無いような味わい。
まるでイタリアンの生パスタのようです。あっさり目のスープですが麺と絡んでどんどんいけます。

最初は感じなかったのですが、じわじわと後から胡椒の辛味が効いてきて、意外とスパイシー。
よくあるキムチ味の唐辛子の辛さとは違いますが、辛いものが苦手な方には少々つらいかな。

テーブルの上の調味料を足したり、あるいはお好みでキムチを入れたりして、自分好みに整えて
食べるようです。

かたくなにカルグクスにこだわっているのか、副菜のパチャンはキムチのみで、他のおかずはありませんでした。

お店の方は元気よく明るい接客。日本語は通じませんが問題ありません。
清涼里周辺に来ることがあればぜひ足を運んでみてください。


キムパ天国(チョングク) 清涼里店

屋台でお馴染みのキムパ(韓国海苔巻き)が店舗で食べられる キムパ天国はソウルのあちこちで目にするチェーン店です。おそらくフランチャイズ形式でしょう。同じキムパ天国でも、店によってメニューも違えば雰囲気もだいぶ違います。

ここ清涼里店は、駅から宿泊していたフラワーホテルへ向かう道筋にあり、朝ごはんを食べるために入ってみました。結構早朝から営業しています。
店頭には大きなお粥(チュク)の写真が出ていたので、最初はお粥の専門店かと思いました。

【キムパ天国(チョングク)~清涼里】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

【キムパ天国(チョングク)~厨房】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

入ってみると先客があり、日本の方のようでした。多分同じホテルにお泊りの男性2人連れで、この時期ほとんどの日本人は旅行をキャンセルしているので、珍しいですね〜と声をかけられました。
やはりMERSの影響は大きいですね。本当は旅行は自粛するべきだったのですが、キャンセル料が発生するし、この機会を逃したら当分韓国には行けそうになかったので、強行しました。

MERS感染者のいる病院などに近づかない限り問題ないとは思っても、帰国後潜伏期間といわれる2週間を経過するまでは多少不安でしたね。
もちろんマスク着用。アルコール除菌濡れテッシュ持参で、出来る限りの対策はしました。

さて、キムパ天国ですが、店内は広々しておりメニューの種類も豊富です。看板メニューのキムパは屋台と違って作り置きをせず、注文の都度作るので暑い時期でも安心ですね。具の数も多いし、屋台と比べて多少値段は高めですが、さすがに専門店は美味しいと思います。

【キムパ天国(チョングク)~カボチャのお粥】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

キムパは何度も食べているので、今回は朝ごはん用にお粥を試して見ることに。
定番のアワビ粥などもありますが、個人的に大好きなカボチャのお粥に決定。6000W。でした。

見た目がカボチャそのものの濃い黄色で、アズキより少し大きめの煮豆もごろごろ入っています。甘みがあり、女性に好まれそうな味ですね。お米の粒が見えないくらいのペースト状でクリーミーなとろみのある仕上がり。キムチなどのおかずも少し付きます。大きめの丼にたっぷり入っているので、完食するのは一苦労。辛い料理ばかり続いたら、こういう胃に優しいお粥がほっとします。

【キムパ天国(チョングク)~ビビンパ】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

【キムパ天国(チョングク)~ビビンパ】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

連れはビビンパを注文。こちらは4500Wとお手頃でした。石焼もあったのですが、時間がかかりそうだったので、石焼でないタイプ。
野菜中心ですが具材も彩りよく、目玉焼きも載っています。味噌汁のような汁物も付いて来ました。
テンジャンチゲのように辛くなく、葉物野菜の具が入ったスープです。

いつもはキムパしか頼まないので、キムパ天国にこんなメニューがあるのを初めて知りました。
朝ごはんに限らず、気軽に立ち寄ってぱっぱっと食事したい時に便利なお店です。


青風 海鮮チゲ 清涼里

今回はホテルが清涼里のベニキアフラワーホテルだったので、自然とホテル周辺での食事が多くなりました。

朝からパワフルにあちこち遊んでホテルに戻り、また遠くに出るのが億劫だったので、夕食はホテルの目の前の小さいお店に入ってみることに。

看板には漢字で「青風」と書いてますね。表に出ているメニューは辛そうなチゲばかり。。海鮮と言ってもどれもお値段が手頃なので、それほど豪華なものではなく庶民的。

【青風 海鮮チゲ~清涼里】
青風 海鮮チゲ 清涼里

【青風 海鮮チゲ~店内】
青風 海鮮チゲ 清涼里


最近少しハングルが読めるようになったおかげで、こういう地元のお店にも入りやすくなりました。
なんとなくメニューが解読できるので、だいたい何の料理なのか見当もつき安心して頼めます。

外から覗いた所、店内には誰もお客さんが入っていない様子でやや不安でしたが、表に金額が明記されているので極端なぼったくりなどの心配なさそうです。 思い切って入ってみました。

タコ(ナクチ)の海鮮鍋とご飯(1人分7000W)とビール(4000W)を注文。
チゲは小さい土鍋に一人分ずつ出てきます。もしかしたらクッパのようにご飯が鍋の中に入っているのか?そのあたりが不明でしたが、実際はご飯とチゲは別々でした。

【青風 海鮮チゲ 清涼里~タコ(ナクチ)の海鮮鍋】
青風 海鮮チゲ 清涼里

【青風 海鮮チゲ 清涼里~タコ(ナクチ)の海鮮鍋】
青風 海鮮チゲ 清涼里

小さいながらもタコ、カキ、えのきなどの野菜が入って具沢山で、味付けは辛めの赤いスープ。
正直このお値段ですから、超美味しいとは言えませんが、まあまあなレベル。

男性の店員さん(店長さんかも)が一人で切り盛りしていて、注文を受けたら自ら調理も担当。なんだか忙しそうです。一緒に出てくるパッチャン(おかずやキムチ)は少なめ。
おばちゃんが切り盛りしているお店だと、家庭的なおかずがいっぱい出てくる場合が多いですが、この店はおじさん一人なので、そこまで手が回らないのかな。

特別なおすすめポイントはありませんが、近場で手軽に食べられるのが良い所ですね。お値段も良心的。お店の方はそれほどフレンドリーとは言えませんが、感じは良かったですよ。


コリアンデザートカフェ GAONGILLでパッピンス 

夏はやっぱりパッピンスという事で、お買い物合間に一休み。冷たいおやつタイム。
GAONNGILL(ガウンギル)は梨大にも店がある、現代的にアレンジした韓国スイーツが食べられるお店です。

今回訪れたのは、東大門のファッションビルDootaの6Fにあるカフェ風の店舗です。
偶然通りかかり見つけました。スイーツ以外にも飲み物だけでもOKなようです。
店頭の看板には「コリアンデザートカフェ」と大きく出ています。
梨大(イデ)の店はガイドブックに載っていたので、以前から気になっていました。パッピンスのためにわざわざイデまで出かけなくても、こうして東大門ショッピングのついでに食べられるのがありがたいですね。

【コリアンデザートカフェ GAONGILLでパッピンス~店内】
コリアンデザートカフェ GAONGILL パッピンス

フルーツ系よりも今回はアズキの気分だったので、伝統的なアズキアンやお餅、ナッツ類がトッピングされたミルクピンス(かき氷)をいただきました。 おねだんは8000W。

1人分が結構ボリュームあるので、2人でシェアしてちょうど良い感じ。お店の方も特に嫌がらず、2人で1個注文でも問題ないようです。自然にスプーンも2個つけてくれました。

【コリアンデザートカフェ GAONGILLでパッピンス~】
コリアンデザートカフェ GAONGILL パッピンス

韓国のパッピンスは具だくさんで見た目も豪華。最近はソルビンなどのパウダースノー状の氷が流行のようですね。

この店の氷はパウダースノーとまでは言えないまでも、十分キメ細かく上質です。
おそらく製氷の段階でミルクを使っているようで、氷そのものがミルキーな味がします。
トッピングも盛りだくさんでナッツの食感がアクセント。アズキも甘すぎず良いですね。

最初は韓国のパッピンスの美味しさの秘密は、氷の削り方などに職人のワザがあるのだろうか?と思っていました。しかし厨房の様子をチラチラ覗いても、たいていスタッフは若いバイト風の女の子みたいで、特別な技術があるわけではなさそうです。不思議ですね。

この味は行列のできる超有名店Meal Topのミルクピンスと少し似ているかも。。でもこちらは全然並ばなくてOKなのが嬉しいポント。トッピングも盛りだくさんで、食べごたえあり。
なんといってもDootaの中という立地が最高です。

東大門ショッピングで思わずアツくなった体と心をクールダウンするのにぴったり。
美味しいパッピンスで一息付いて、さらなるお買い物の意欲が湧いてきそうです。


通仁市場(トンインシジャン) お弁当カフェ

以前NHKのTVハングル講座で紹介されていた、通仁市場(トンインシジャン)にようやく今回行くことが出来ました。

この市場はソウルのパワースポットとして有名な景福宮の近くにある、規模としては小さめの市場です。地下鉄 景福宮駅2番出口よりまっすぐに徒歩10分ほどです。近くには参鶏湯の人気店などもあるエリアですね。

駅から少し歩きますが、わざわざ訪ねる価値はありますよ。
市場の中には、主に食品屋台が集まっており、入り口から奥まで一直線で通り抜けてもさほど距離が無いので、まずはどんな店があるのか軽くチェックしてみましょう。

この市場のウリは5000Wで選べるお弁当ビュッフェです。まず奥のほうにある顧客センターに行き
コイン状のクーポンを購入します。
この日は1階での販売をしていなかったので、階段を上がって2階の休憩スペースでコインを購入し、プラスチックのお弁当箱を受け取ります。

【通仁市場(トンインシジャン) お弁当カフェ~店内】
通仁市場(トンインシジャン) お弁当カフェ

弁当カフェ加盟店のマークの表示があるお店で、好きなものを選んで詰め合わせ、マイ弁当を完成させるというシステムです。
最初は定額5000W分支払うのですが、もし使い切れず余った場合には払い戻しも可能。
おかずだけ選んで、先ほどの休憩スペースに戻り、必要であればご飯(雑穀米)を別途購入。
随時空いたテーブルで食べることができます。別料金で飲み物も販売しています。

韓国の屋台フードは魅力的ですが、一人分の量が多めなのでたくさんの種類は食べ切れません。
その点、この市場では少なめの量で多品種楽しむことができるんです。

屋台で代表的なトッポキやマンドゥ(餃子)、チャプチェ(春雨炒め)、キムパ(海苔巻き)はもとより、お惣菜屋さんのおかずも色々あります。
卵焼きなんかもすごく美味しそう。同じものでも店によってちょっとずつ違いがあるので、じっくり見比べて好みのものを選ぶと良いですね。
サラダとかハンバーグのような韓国らしくないおかずもあったり、もちろんキムチも充実。

【通仁市場(トンインシジャン) お弁当カフェ~】
通仁市場(トンインシジャン) お弁当カフェ

料理によってコインが2個分だったり3個だったり差があるので、手持ちのコインをうまく使って、バランスの良いお弁当を完成させるのが楽しみです。

娘と2人で行ったので、なるべく内容がかぶらないように相談しながら決めました。
5000Wというと今のレートでは500円ちょっとの金額ですが、結構なボリュームの立派なお弁当が出来上がります。

観光客はチラホラで、主に地元の方たちでお昼時は混雑してます。好きなものを選べるので、選んだ人の趣向によって中身がバラエティ豊かなところも興味深いところです。

迷った結果、厚切りの卵焼き(これはほとんどの人が選んでましたね)、チャプチェに小さめハンバーグやサラダ、キムパを入れて、最後に通仁市場名物のトッポキで5000W使いきりました。

【通仁市場(トンインシジャン) お弁当カフェ~】
通仁市場(トンインシジャン) お弁当カフェ

ご飯は別に買わず、キムパにして正解。この海苔巻きはいわゆる麻薬キムパで、細めの海苔巻きに辛子ソースをつけて食べるタイプ。

トッポキはよくある太めの餅を辛いソースで煮込んだものではなく、この市場独特のキルムトッポキといいます。
やや細めの餅を油で炒めたものに味付けし、餅だけで具が入らないものです。
味付けは赤いコチュジャン味と、白い醤油味の2種類。辛いコチュジャン味はよそでも見かけるのですが、醤油味が珍しいのでチャレンジしてみることに。後を引く美味しさでした◎

キルムトッポキの店が何軒かある中で、孝子洞トッポキという屋号のおばちゃんの店に決めました。
孝子洞とはこの辺の地名のようです。たしかハングル講座で紹介していたのはココだったはず。
おばちゃん一人で切り盛りしていて、テキパキと手際もいいんです。おばちゃんというより、おばあちゃんと言ってもいい年齢の方ですが、韓国の女性はホントよく働きます。
お弁当にしなくても、トッポキだけを頼むこともできます。店の前に簡単な飲食スペースもあるので
、その場で座って食べてもOKです。

2階の休憩スペースで周りの方々のお弁当の様子をチラ見しましたが、やはりおかずの選び方に個性が現れますね〜韓国の方のは全体的に色調がレッド!!辛そうな系統のものが多いようで、当然キムチもどか〜んと盛り付け。ご飯がすすみそう。

その時は気づきませんでしたが、少し交渉したら大盛りにしてくれたり、1個おまけしてくれたりというのもアリだったかもしれませんね。言ったモノ勝ちですからね。
超楽しくてワクワク感いっぱいのお気に入りのスポット。ぜひまた行きたいな〜


PARIS BAGUETTE 清涼里

この度のホテルは清涼里のベニキアホテルフラワーでしたので、朝ごはんはホテル周辺で済ませることにしました。

このエリアは結構便利もよく、お店のチョイスも豊富なので、わざわざ遠くに出かけなくても十分楽しめますよ。

駅からホテルまでの道筋には飲食店も多数あり、大通りをまっすぐ進むだけなので迷うこともありません。早朝や夜間でも人通りが途絶えることが無いので、女性だけでも安全です。

駅の反対側(ニューブリム 富林ホテルのあたり)は風俗街のようで、ちょっと怖い雰囲気ですが、こちら側は雰囲気も明るく問題なしです。

お昼にがっつり食べるプランのため、朝食は軽めにという事で、ちょうど通りかかったPARIS BAGUETTE(パリバケット)のパン屋さんに入りました。
パリバケットは韓国全土に展開している、ちょっとオシャレ系のお馴染みのパン屋さんです。

【PARIS BAGUETTE~清涼里】
パリバケット 清涼里

ソウルにも新しいパン屋さんがたくさんでき、一部には財閥の娘たちによるパン屋戦争などと言われるくらい競争が激化しているようですね。

確かに町のパン屋さんに比べると小じゃれた雰囲気で、味のレベルもなかなかのものです。
いくつかあるチェーン店の中では、個人的にはパリバケットが一番お気に入り。
店によって営業時間もまちまちですが、ここ清涼里店は比較的早朝よりオープンで助かります。

店は明るく開放的で、イートインスペースもそれほど広くは無いですがゆっくりできます。
モーニングセットがあるかどうか尋ねましたが、特にセットは取り扱ってないようで、飲み物とパンを単品で注文することになります。

他のカフェなどに比べてコーヒーの値段がお手頃なせいか、出勤途中のOLさんがテイクアウトで飲み物を買い求めに来たり、ちょっと朝は忙しそうです。

ホットのアメリーカーノ(ブラックコーヒー)は1500W、アイスアメリカーノは2500W。他店に比べると随分安いですね。朝だけのモーニング価格かもしれません。

パンは店内のものをお好みでチョイス。たくさん種類があって迷いますが、大好きなエッグタルトとソーセージのパンを選びました。
お店の方はテキパキと気持ちよく、日本語は通じませんが飲み物の注文だけなら難しいことはありません。

【PARIS BAGUETTE~なエッグタルトとソーセージのパン】
パリバケット なエッグタルトとソーセージのパン

【PARIS BAGUETTE~室内】
パリバケット 清涼里

コーヒーはホット、アイスともに量がたっぷりでなみなみと入っています。アメリカーノにはミルクは付かないので、ミルク入りがお好みの場合はカフェラッテやカプチーノを頼めばOK。

毎回辛い料理が続くと、コーヒーと美味しいパンが食べられるのが嬉しくなります。
ちなみに店内で飲食の場合も、コーヒーは紙カップ入りなので、全部飲みきれない時は持ち帰りにすることもできます。


スポンサードリンク

Page: 1 < 2 < 3 < 4 < 5  次の10件>>

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0