韓国ソウルを楽しむためのB級グルメ、ホテル・滞在、観光、ショッピングなどのお役立ち情報等をとことん紹介します。

観光

スポンサードリンク

世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵

韓国時代劇でお馴染みの朝鮮王朝の歴代王族の墓のひとつ、宣陵は江南エリアに位置する。
富裕層の多い江南(カンナム)の一等地のビル群に囲まれた、広大な王陵です。

地下鉄2号線盆唐線、宣陵駅8番出口から徒歩10分ほどでチケット売り場のある入り口に到着。
世界遺産にもなっている有名な観光地のわりに、大きなわかりやすい道案内の表示が少ないのが残念。
最初のチケット売り場の表示を見落とし、別方向に歩いてしまったため、随分遠回りをしてしまいました。

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

ぐるっと回り道したおかげで王陵の外観が把握でき、緑に囲まれた公園のような一帯の雰囲気がつかめました。
とにかく広いので、中を全部じっくり見るには時間と体力が必要です。

まずはチケットを購入(1000W)。日本語のパンフレットも準備されています。
宣陵に眠るのは、第9代王である成宗とその3番目の王后。
この王様はよく時代劇にも登場するお馴染の世宗(首陽大君)の孫。または悪名高い燕山君の父でもあります。
韓流ドラマ「王と私」に主要人物として登場していますね。

同じ敷地の別エリアにはドラマ チャングムの時代の王様である第11代王中宗の墓、靖陵もあります。

チケット売り場の入り口から近いのは、こちら靖陵です。こんもりした緑の小山のようなスタイルのお墓が特徴的です。
王族が眠る緑のこんもりしたお墓を陵寝(ヌンチム)とよび、武人、文人、動物をかたどった石像などが周囲を守護するよう置かれます。

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵 チケット売り場】

他に祭祀を行う丁字閣や、神聖な場所であることを示す赤い門などがセットで配置されています。
独特の建築様式は儒教文化や風水の影響が大きいようです。

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

このような王陵は釜山の近くの慶州などにも見られますが、ソウルの都心部に残っているのが驚きです。近代的な景観との対比が面白い。

韓流時代劇にハマった方も多いと思います。ぜひ一度訪れて、往時を偲んでみてはいかがでしょうか。


A'REX(エーレックス) 空港鉄道

仁川空港とソウル駅を結ぶ空港鉄道 A'REXは直通の特急なら43分で移動できます。
渋滞もなく便利ですが、仁川空港は広大なので、到着フロアから鉄道の乗り場までが結構遠い。。

各駅停車と特急は改札がわかれているので注意が必要です。
ちなみに各駅の一般電車は空港⇔ソウル駅の所要時間が56分ですが、運行本数が多いのが利点。時間的には直通とさほど変わりませんが、やはり各駅だと思った以上に長く感じます。

【A'REX(エーレックス) 空港鉄道 ターミナル】
A'REX ターミナル

【A'REX(エーレックス) 空港鉄道 改札口】
A'REX 改札口

初めてなので様子がわからず、もたつきながらも仁川のA'REX乗り場に到着。まずは各駅の一般車両にトライ。こちらは現金で切符を買う他に、交通カード(Tmonyカード)も使用できて便利。
カードをタッチして改札を通過するのは、日本のICカードと同じです。チャージはコンビニでも必要な都度できるので、韓国リピーターは1枚持っていると役に立ちます。
カードをタッチして入ったので、正確な金額の記憶が無いのですが、たしか片道4000W程度です。

金海空港などを経由しようやくソウル駅に到着。空港利用者だけでなく、途中地元の方もたくさん乗り降りしてました。
ホテルに向かうため、さらに地下鉄に乗り換えます。ふう。。移動が大変ですが、表示にしたっがて行けばなんとかたどりつけますよ。

帰国時にはソウル駅から、特急を利用しました。地下鉄でソウル駅まで来て、空港鉄道の乗り場へ移動。エスカレーターで上階へ上がります。ロッテマートなどへ行くエスカレーターと一緒です。
表示に従いA'REX乗り場へ移動。本当はアシアナや大韓航空利用であれば、チェックインもソウル駅内のカウンターでできたはずですが、特急は運行本数が少なく次の電車の発車時間が迫っていたために、荷物を持って乗車しました。

【A'REX(エーレックス) 空港鉄道 車内】
A'REX 社内

特急は座席指定になっており、チケット購入時に切符と一緒にもらうレシートに座席番号が書いてあります。失くさないようにね。

ソウル駅から仁川までの料金は8000Wでした。ガイドブックには直通列車サービス期間は2015年12月31日までと記載ありましたが、どうやら延長されたようです。
本来は1万4700Wらしいですが、この料金だとちょっと高く感じますね。

さすがに特急はノンストップだし座席も広く、荷物置きのスペースもあって快適。
空港駅から出発フロアまで少し歩きますが、特に迷うこともなくわかりやすいので大丈夫でした。


ソウル薬令市韓医薬博物館

ソウル薬令市韓医薬博物館は地下鉄1号線 祭基洞駅3番出口より徒歩3分ほどのところにある
生薬などを展示した博物館です。

あまり知られていない博物館ですが、展示も充実しており料金も無料。韓国時代劇ドラマなどでお馴染みの、韓方医学によく出てくるお薬のことがよくわかります。
東大門からも近いので、ぜひ一度足を運んで見られることをお勧めします。

このあたりはもともとソウル薬令市という、薬剤を専門に扱うエリアで、別名「京東市場」の一角。
祭基洞の駅構内にも、生薬を分類したものが美しくディスプレイされています。

【ソウル薬令市韓医薬博物館~祭基洞駅】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

韓国ドラマ ホジュンやチャングムがお好きな方なら興味を持てると思います。植物が中心ですが、あらゆる自然のものを原料に組み合わせ、煎じてお薬にする昔の知恵が素晴らしい。

博物館はビルの地下にあるのですが、入り口の巨大な黒い土瓶のモニュメントが目印です。
よく時代劇ドラマでお薬を煎じているあの土瓶ですね。

10時の開館と同時に入ったのですが、お客さんは誰もいません。受付で簡単に名前を書き、自由に展示を見ることができます。設備はなかなかのもので、これだけ立派な施設があまり知られていないのが惜しい限りです。

昔から培われてきた韓医学の歴史や成り立ちが、模型や実物の道具を見ながらよくわかる仕組みになっています。
ハングルがわかればもっと良いのですが、ざっと見るだけでも十分に楽しめます。

【ソウル薬令市韓医薬博物館~】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

【ソウル薬令市韓医薬博物館~内部】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

受付付近にお茶のスペースがあり、何だろうと覗いていると、係の女性が出てきて案内してくれました。健康チェックのような簡単なアンケートで、体質を診断してくれます。
日本語(ひらがな)も併記されているのがすごいですね。

診断の結果、私は「少陰人」とのこと。
特徴としては、腎臓の機能は良いが、脾臓と胃が弱い。体のバランスがとれて、上半身より下半身が大きい人。となっています。 まあまあ当たってますね。すごい!!

【ソウル薬令市韓医薬博物館~体質診断コーナー】
キムパ天国(チョングク) 清涼里

薬草を煎じたお茶をご馳走になりました。その間無言なのも気まずいので、拙いハングルで韓国ドラマ ホジュンが好きだ と言ってみたのですが、ちゃんと通じたかどうだか???
来館者がいなくて暇だったせいか、色々とおもてなししていただき恐縮でした。しかも無料!!

帰りは薬令市を覗きながら、露店で高麗人参ゼリーのようなお菓子を買ってみました。
高麗人参のキャンディはよくみかけますが、匂いが強烈で好き嫌いが分かれます。このゼリーも高麗人参独特の香りはきついですが、柔らかめのグミのような食感で食べやすく、慣れたら好きになる味かも。値段も安かったので、話のタネに購入。

薬令市は奥が深く、生薬の販売だけでなく、韓方の医院があったり、お灸とかヨモギ蒸しの材料などもあるようです。韓方に関心のある人にとっては何時間いても飽きないワンダーランドですね。


漢江クルーズ レインボー噴水

明洞などがある昔からのソウルの中心地と、最近発展した江南(カンナム)エリアのあいだを流れる川 漢江(ハンガン)には多くの橋が架かり、河原は公園のように整備されたり、ソウル市民の憩いの場となっているようです。

その漢江をクルーズ船に乗って観光するツアーに参加しました。
観光客以外にも地元のカップルや家族連れなども多く、船は多国籍で賑わっていましたよ。

もちろん個人で参加することも可能ですが、船の乗り場までの交通手段確保が難しいのと、帰りが夜間なので、安全を考えてHISおすすめのツアーに申し込みました。

16時20分にロッテホテルツアーラウンジに集合。バスに乗り込み、まずは軽くおみやげショッピングにお付き合い。その後少し早めの夕食をすませてクルーズという流れです。
骨付き牛カルビ焼肉の夕食と送迎付きで5000円はお値打ちかもしれません。

夕食はHIS御用達の金剛山という焼肉店でしたが、カルビ1人前とご飯 おかず類は料金に含まれています。飲み物や追加のお料理は別料金です。
焼肉は普通に食べても結構な値段なので、このツアーに含まれている内容ならばお得と言えます。
味も満足できるレベルでした。ただチジミとか他の料理のおすすめ営業があり、ちょっとうるさい感じです。

お腹もいっぱいになった所で、クルーズ船乗り場に出発。夜景も含めて、もう少し暗くなってからのほうが綺麗に見えるのでしょうが、夏場は日没が遅いので仕方ありませんね。

【漢江クルーズ~乗船】
漢江クルーズ レインボー噴水

待合スペースで時間まで過ごし、19時半頃船が出ます。
1階席、2階席、室内、デッキと場所はお好みで選べます。最初は室内にいましたが、やはり見晴らしの良い外のデッキのほうがより楽しめるので、随時移動も可能。船内のアナウンスはハングル、英語、日本語、中国語と続き、要所要所で解説が入るのでよく理解できます。

【漢江クルーズ~船上】
漢江クルーズ レインボー噴水

【漢江クルーズ】
漢江クルーズ レインボー噴水

いよいよハイライトのレインボー噴水ショーが始まります。天候や状況次第で噴水ショーは実施されない場合もあるので、その点ご了承くださいとのことでした。もしレインボー噴水が見れなくても返金等はありませんよ。(念の為)

【レインボー噴水】
漢江クルーズ レインボー噴水

ギネスにも登録された噴水ショーはライトアップされた噴水の動きなども計算されていて見事です。夜8時は回っていましたが、夏の時期なので真っ暗にはならず、そこが少し残念です。
噴水のあたりに少し停泊してゆっくり鑑賞したあとは、Uターンして元の場所に向かいます。

帰り道は趣向を変えて、1階の船室で韓国の男性ミュージシャンによるミニライブもありました。
実は全く期待してなかった割に、意外と充実したライブでしたね。
途中でミュージシャンの方がアリランをアップテンポにアレンジして歌っていたところ、皆さん大盛り上がりで、韓国人の心がひとつにまとまっての大合唱!!
大韓民国のすごい団結力を見せつけられました。
他にも日本の歌(長渕剛)や中国語の歌などもおりまぜて、ミニライブを楽しむうちに到着。

あっという間のクルーズでした。駐車場に戻り、バスに乗り込みそれぞれ希望の場所で解散。
私達は東大門のDOOTA前で降ろしてもらい、ナイトショッピングを満喫して帰りました。


徳寿宮 

私は何度もリピートしていますが、今回の旅行に同行した娘はソウルが初めてなので、韓国らしい古い王宮もひとつぐらいは見学しようか〜と徳寿宮に行ってみました。

本当はソウル最強のパワースポットである景福宮が良いのですが、あいにく火曜日はお休みにあたり、交通の便が良いところで徳寿宮を選びました。
南大門のホテルからも近いし、地下鉄を乗り継ぐよりは時間もセーブでき、二人だと金額も電車賃と大して変わらないのでタクシー利用。

ここ徳寿宮は1470年に月山大君の邸宅として建てられた慶雲宮が前身で、その後第26代王 高宗が政務を摂るようになって暮らした王宮の一つです。

韓国伝統様式の建築の中に西洋の様式を取り入れた建築物も配置され、他の王宮に比べるとどことなくモダンな印象です。
入り口の大漢門では衛兵の交代儀式などが見られたり、伝統衣装の体験もできますが、季節や状況により時間等は変わるので事前の確認が必要です。

【徳寿宮~大漢門】
徳寿宮,大漢門

地下鉄 市庁駅からも徒歩1分と立地もよく、広さもほどほどなので軽く見て回るには最適。
敷地内にはカフェを併設したおみやげのショップもあり一休みできるのも嬉しいポイントです。


昌徳宮(チャンドックン)

韓国にいくつかある世界遺産のひとうでもある昌徳宮(チャンドックン)にも行ってきました。景福宮とも近く、古宮が集中するエリアなので廻りやすいのですが、どの宮殿も敷地面積が広大なので、歩くのが大変。だいたい1日に宮殿2箇所くらいが限界かもしれません。

昌徳宮(チャンドックン)は1405年に離宮として朝鮮王朝第3代の太宗により建設されました。受難の多い景福宮に代わり、一時期は正宮としても機能。自然と調和した美しい庭園などが見所です。
場所は地下鉄3号線 安国駅3番出口より徒歩5分程度の分かりやすいところにあり、
仁寺洞からも近いので気軽に行けそうです。

【昌徳宮(チャンドックン)】
昌徳宮 チャンドックン

日本語ガイドツアーもあるのですが、時間の都合で参加できず自分で自由観覧することにしました。入場料は3000Wですが、後苑(ガイドツアーのみ)は別料金となっています。
宗廟と同じく世界遺産に指定されているのですが、こちらはやや人気がないのか、人の姿も思ったほど多くなく、景福宮などと比較するとゆっくりした雰囲気です。
ただ今回はガイド無しだったので、建物のいわれや歴史の理解の方はもうひとつという感じ。事前に少し勉強して行ったほうが良かったかなと思いました。

【昌徳宮(チャンドックン)】
昌徳宮 チャンドックン

ドラマ チャングムの誓いに登場した芙蓉池(医女になって王様と散歩していた池かな?)などもあるのですが、イマイチわかりにくい。。
またの機会に、次回は後苑(ピウォン)を含めて日本語ガイドツアーに参加してみましょう。

【昌徳宮(チャンドックン)】
昌徳宮 チャンドックン


景福宮(キョンボックン)

景福宮(キョンボックン)は朝鮮王朝の開祖である李 成桂により1395年に朝鮮王朝の正宮として立てられました。
ソウル随一のパワースポットでもあるので、一度は訪ねてみましょう。

地下鉄3号線 景福宮(キョンボックン)駅下車、5番出口からすぐの場所です。
駅の構内にも、古宮らしい演出が見られワクワクしてきます。

火事で消失したり破壊されたり不幸な歴史もありましたが、現在は色鮮やかな伝統建築が再現され、すばらしさに圧倒されました。
正殿前で写真を撮ると、幸福が訪れるとも言われています。

【景福宮(キョンボックン)興禮門】
景福宮 キョンボックン

【景福宮(キョンボックン)興禮門】
景福宮 キョンボックン

【景福宮(キョンボックン)興禮門の屋根部の彫刻】
景福宮 キョンボックン

【景福宮(キョンボックン)石段に設置の鳳凰の彫刻】
景福宮 キョンボックン

【景福宮(キョンボックン)勤政門】
景福宮 キョンボックン

1日3回の日本語ガイドツアーがあり、入場料3000Wのみで参加できます。
やはり自分で適当に見て廻るだけより、詳しい解説を聞いた方がより理解が深まるので、この日本語ガイドツアーは是非オススメです。

この日は10時からのツアーに参加。10人以上の団体でなければ特に申し込み等は必要なく、入場券売り場から門をくぐってすぐの待ち合わせスポットに各自集合。
時間になるとガイドさんが来て出発します。担当は男性の方でした。
以前宗廟のガイドツアーでは伝統的なチマチョゴリを少しアレンジした韓服姿の若い女性でしたが、当日の男性ガイドさんは、いたってフツウの服装だったのが、少し残念な気がします。やはり雰囲気、形も大事ですからね。
でも説明は上手でしたよ。

広大な敷地なので、とても全部は廻り切れず、だいたい1時間ほどで主なスポットを効率よく巡って行きます。
勤政殿、思政殿など建物それぞれに意味のある名前が」付いていたり、仕事のパブリックスペースと家族のプライベートスペースが細かく分かれているのも興味深い。
日々国務に精進し、あんがい王様も楽じゃなかったんですね。

特に景色との調和が素敵なのが 慶会楼 という接待用の建物で、池に浮かんでいるかのように立つ宴のための楼閣ですが、冬は寒くて使えなかったとか。。。
きっとここでチャングムのドラマに出てくるような豪華な宮廷料理が振舞われたのでしょうが、ガイドさんいわく、ドラマの世界はあくまでもドラマの中の話とのこと。

主だった場所の説明を聞いた後は自由解散。国立民族博物館も同じチケットで、無料観覧できるので、そちらの方へ移動しました。
この博物館もなかなか良く出来た展示で、古い時代から現在に至る韓国の生活の様子などを、わかりやすく知ることが出来ます。

だいぶ歩き回って、気が付けば10時にスタートして既にお昼近くになっていました。
入口まで戻って、せっかくなので毎時ごとに行われる光化門前の衛兵交替のセレモニーを見学することに。
王朝風の衣装を身に着けた人たちが行う儀式ですが、一見の価値はあるかと思います。

気分はすっかり韓国時代劇。かなり歩くので、疲れない靴でお出かけくださいね。


ソウルの成り立ち 歴史

韓国の首都ソウルには古い歴史があり、日本とのかかわりも密接です。
その成り立ちや、歴史を見てみましょう。

ソウルは朝鮮王朝500年の王都で、現在の正式名称はソウル特別市、通称ソウル市と呼ばれています。
韓国=大韓民国の首都として人口の大半が集中するアジア屈指の大都市。
古くは「京城」、「漢城」、「京都」とも称されていました。

なお「ソウル」は、さまざまな漢字表記(漢城・漢陽・京城・京都など)の変遷に関わらず、朝鮮民族はこの地を「ソウル」と呼んできたとも言われています。
現代では漢字の訓読が廃止されてソウルをあらわす漢字は使用せず、ハングルのみでの表記
となっています。

韓国時代劇のドラマ「朱蒙」などでもたびたび登場するので、おなじみかもしれませんが、古くは三国時代、今の朝鮮半島が高句麗(コグリョ)、新羅(シルラ)、百済(ぺクチェ)という3つの国で統合されていた時代に、百済の都であった「漢城」が今のソウルということです。

一時期、高句麗軍によって都が陥落し、百済は別の場所に遷都しましたが、14世紀末に高麗の将軍であった李成桂が政権を奪取したのを機に再び漢城(ソウル)へ遷都が行われました。

この時から漢城(ソウル)は500年の長きに渡り、李氏朝鮮王朝の都として栄えていました。

1910年の日韓併合後、漢城は京城府と改められ、日本の植民地として朝鮮総督府が置かれました。

日韓の歴史上、不幸な時代ではありますが、反面ではこの日本統治下で京城帝国大学が開校されるなど文教政策の整備も行われていたり、上下水道や京城市電などのインフラ整備が大々的に行われ、それまでの生活環境は急速に改善されたというプラスの部分もあるのです。

第2次世界大戦後、日本の統治を離れた いわゆる「光復」の後もしばらくは「京城」の名称が使われていました。

その後、1948年米軍の統治下から離れて大韓民国が独立し、韓国の首都としてソウル特別市となりました。

朝鮮戦争によってソウル市内は壊滅的なダメージを受け、韓国の首都は臨時措置として釜山に移転しましたが、停戦後の1953年には再び首都がソウルへ戻りました。

戦後、急速な経済の発展と共に市の規模を拡大し、1988年のソウルオリンピック実現によって国際的な大都市と変貌しました。

一時期経済危機などで苦しい時代もありましたが、見事に成長を遂げ、現在では魅力あふれる国際都市として、日本からも多くの観光客が訪れています。


NANTA 公演

前々から一度見たかったNANTAの公演をようやく見ることができました。
NANTAは世界各国で上演され、高い評価を受けている「ノンバーバル パフォーマンス」です。
せりふがほとんどなく言語不要なので、老若男女 外国人でも楽しめる内容です。

公演は毎日ソウル市内の複数の劇場で、時間も午後、夕方、夜の部と多数行われているので、好きな場所で都合の良い時間帯を選ぶことが可能な点が、時間が限られた旅行者にはうれしいところですね。

一番便利な明洞のNANTA劇場はロッテデパートからも徒歩数分、ビルの3階にあります。
今回は17時からの公演を日本からソウルナビを通じてWEB予約していたので、予約の控えをプリントアウトしたものを受け付けに提示するとチケットと引き換えてもらえます。

【NANTA劇場内部の様子】
NANTA劇場

席はVIP,S,A席と3段階あり、VIP席は6万Wですが、ソウルナビでの価格は日本円で3700円をカード決済でした。せっかくなので舞台に近いVIP席を奮発。
色々安く購入する方法もあるようなのでWEBで情報をチュックしてみてください。。当日窓口で購入でも良いのですが、劇場の規模が比較的小さいので、団体が入ったらいっぱいな可能性もあり、やはり事前の予約が安心ですね。

【劇場内部で記念写真も撮影できます】
NANTA劇場

NANTAとは漢字で書くと「乱打」。舞台となる厨房の中のあらゆる物を打ち鳴らしながらストーリーが進行します。
せりふがないのにパフォーマンスだけで理解できる不思議、キッチン用品などをまるで打楽器のように乱れ打ちする技、コミカルな演技や、はっとするアクションありで、ぐんぐん舞台に引き込まれ、約1時間半の公演中飽きることがありません。

行って後悔しない舞台なので、ぜひソウル滞在中にごらんになることをオススメします。

【劇場公演前、売店の観客の様子】
NANTA劇場

【内部~真ん中の黒い部分が劇場への入口】
NANTA劇場


宗廟ガイドツアー

朝鮮王朝の歴代王様の位牌を祭ったソウルの宗廟(チョンミョ)ではガイドツアーがあって、日本語でガイドが案内してくれます。以前は個人で廻ることもできましたが、いまでは必ず団体行動しなければなりません。

チケット販売所の横に出発時間が掲載されています。

【宗廟/入り口ゲート付近】
宗廟ガイドツアー

地下鉄鐘閣3街駅11番出口を出ると公園のような場所があり、中を進むと宋廟入り口。チケット売り場があります。
日本語のガイドツアーは約1時間に1回行われ、ガイドさんも複数いるので、人数が多い場合は2グループくらいに分かれて出発となります。
入場料は1000W(ガイド代込み)、チケットを購入したら入り口付近で待ち、定刻になったら案内に従い入場します。

【宗廟ガイドツアーの出発時間の案内】
宗廟 位牌

【宗廟/入口そばの池】
宗廟 位牌

宋廟は世界文化遺産にも登録されていて、韓国の時代劇ドラマにもよく登場するので有名な場所ですが、改めてガイドの説明を聞きながら歩いてみると、よりいっそう理解が深まります。

【宗廟/儀式が行われる】
宗廟 儀式

ここは基本的にお墓ではなく、歴代の王様と王妃様の位牌を祀る場所で、在位の順番や功績などさまざまなランクづけで祀られる位置が決定されているようです。
ちなみにお墓はソウル市内ではなく郊外にあります。
あまり功績がなかったり、世継ぎがなく在位期間が短いような王様はメインの建物より格下の建物に安置されています。

【宗廟/位牌が安置されてる建屋】
宗廟 儀式

【宗廟/歴代王様の位牌の部屋配置】
宗廟 儀式

【宗廟/歴代王様の位牌安置建屋への入口】
宗廟 儀式

石畳の道がありますが、中央の少し盛り上がっている部分はご先祖様の霊が通る場所ということで、この上を歩くことはできないそうです。

【宗廟/石畳の道~ご先祖様の霊が通る場所】
宗廟 儀式

今回のガイドさんは若い女性で、制服なのか伝統衣装をモダンにアレンジしたようなチマチョゴリ姿でした。説明もわかりやすく参加する価値はあります。

もう4回も同じガイドツアーに参加したという女性がおっしゃるには、ガイドさんによって若干説明も異なり、四季折々の宋廟の景色も楽しめるので、飽きることがないそうです。

全行程 1時間ほどかかるので、歩きやすい靴で、夏は帽子や日傘があると安心ですよ。


スポンサードリンク

Page: 1 < 2  次の10件>>

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0