韓国ソウルを楽しむためのB級グルメ、ホテル・滞在、観光、ショッピングなどのお役立ち情報等をとことん紹介します。

コヒャン 全州ビビンバ~新村の現代百貨店内

スポンサードリンク

たまには新しいエリアを開拓ということで、新村に行ってみることに。駅のソバの現代百貨店でオモニのお土産(スカーフ)を購入後、10階のレストランへ。デパートとしての格はロッテより現代の方が上なような気がします。あまり人も多くなくて、ゆったりした雰囲気が好き。

この10階にある「コヒャン=故郷という意味です」は全州ビビンバで有名なお店です。
百貨店の中ですが、チェーン店ではなく店舗はここだけのようです。街中の庶民的な食堂も魅力ですが、たまにはこんなロケーションもいいですね。
窓が大きく開放的で、インテリアもモダン。客層も洗練された感じで、ちょっとおしゃれ。

【コヒャン/全州ビビンバ~新村の現代百貨店内】
コヒャン 全州ビビンバ

【コヒャンの入口/全州ビビンバで有名店】
コヒャン 全州ビビンバ

店頭のメニューを見ると、やはり全州ビビンバがイチオシのようで写真も大きく出ています。もうひとつ大きく扱われていたのが「コンナムルクッパ=もやしのスープご飯」だったので、この2品を1人前ずつ注文。

ビビンバは石焼を好む人が多く、実際アツアツで美味しいのですが、一度は真鍮の器で美しく盛り付けられた焼いていない本格ビビンバを試す価値がありそうです。
全州は食の宝庫といわれ、美味しいものがたくさんあるので、機会があれば訪れたい場所です。

まず真鍮の器の全州ビビンバが運ばれてきました。色とりどりの具材に卵(生でなく、火が通ってます)が真ん中にトッピングされ美味しそう。ユッケはちょっと苦手なのですが、コヒャンのは加熱した肉が載っていたので、これも好印象。
きれいな盛り付けですが、容赦なく徹底的にかき混ぜていただきます。味の加減も良く、辛さも好みだったので、コチュジャンは追加せずにそのままで大丈夫でした。
一緒に出てくるおかずも量が多すぎず、定番のキムチのほか小さめのチヂミなども上品です。
ビビンバには辛くない薄味のモヤシのスープもついています。

【出てきた全州ビビンバ~トッピングは半熟の目玉焼き】
コヒャン 全州ビビンバ

【全州ビビンバ~かき混ぜたところ】
コヒャン 全州ビビンバ

もう一品の「コンナムルクッパ」は大豆もやし入りの辛いおじやのようなもので、初めて挑戦する料理です。
これはややパンチが効いた味付けで、半熟卵がトッピングされています。
味の調節のために、アミの塩辛の小皿が添えられていました。
少しとろみがあり、イメージとしてはスンドゥプチゲに近いかなと思います。

【コンナムルクッパ】
コンナムルクッパ

デパートの中のレストランは高いイメージもありますが、8000~9000W程度とお値段は良心的な設定です。焼肉などヘビーな食事の合間には胃に優しくてオススメです。

スポンサードリンク
>>> トリップアドバイザー口コミ投稿で楽天スーパーポイント300ポイント進呈中


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0