韓国ソウルを楽しむためのB級グルメ、ホテル・滞在、観光、ショッピングなどのお役立ち情報等をとことん紹介します。

貞洞劇場(チョンドン劇場)の韓国伝統舞台

スポンサードリンク

食べ物と買い物ばかりではつまらない。。。と今回は貞洞劇場(チョンドン劇場)の韓国伝統舞台を見ることにしました。
場所は地下鉄1,2号線ソウル市庁駅から徒歩で約5分くらい。今回はタクシー利用しました。

現地でもチケット購入は可能ですが、事前にWEBで予約して行った方が確実なようです。
比較的小規模な劇場で、最近は中国人の団体も多いですからね。
いろんなサイトから購入できるので、値段や特典などを比較してみてください。カード決済で、バウチャーをプリントアウトして窓口に持参したら、先着順で席を割り当ててくれます。

【貞洞劇場(チョンドン劇場)入口】
貞洞劇場 チョンドン 入口

【貞洞劇場の舞台の一部写真】
貞洞劇場 舞台写真

【貞洞劇場の舞台】
貞洞劇場 チョンドン 舞台

せっかくなので一番良い席を奮発。とても見やすくて正解でした。
内容は春香伝という韓国では誰でも知っているラブストーリーをミュージカル仕立てにしたもので、「美笑 ミソ」というタイトルになっています。

春香伝は韓国版ロミオとジュリエットとも言われ、現在の韓流ドラマの原点ともなるストーリーです。美しい春香に思いを寄せる男性2人。身分違いの恋など韓国ドラマのお約束が満載。

開演は16時と20時の2回公演。少し前に劇場に着くとお茶のサービスがあります。
伝統衣装のコスプレで写真を撮ってもらうコーナーもあり、外国人に大人気でした。
最近経済発展著しい中国の方たちが大挙して来ているので、全体の半分以上が中国人団体で占められているように感じました。
これがまたワアワアうるさいのなんの。。。マナーもなってなくて困った人たちでしたわ~
時間に遅れてきて、公演中にぞろぞろ入って来るしね。

伝統芸能を現代的にアレンジした内容で、英語、日本語、中国語の字幕解説があるので誰でもわかりやすく楽しめます。
衣装も美しく、見ごたえがある構成になっていました。

物語の合間に、カヤグムなどの楽器の演奏や打楽器のパフォーマンス、パンソリを基本にした歌や、扇の舞も取り入れられて、飽きさせません。
いつもこのような公演中には爆睡する同行者も、最後まで見入っていました。(笑)

公演後には出演者がロビーで一緒に写真撮影に応じてくれるサービスもあり、通常は有料の場合が多いのですが、貞洞劇場は無料でできるようでした。
あっという間の90分間で、伝統文化を堪能。充実した公演に大満足でした。

【貞洞劇場の公演後の記念撮影】
貞洞劇場 記念撮影

真ん中は中国人の観光客で両端の4人が出演者。
公演後の出演者がロービーに出てきてくれて、観客と記念撮影してくれます。
ただ、中国人の韓国客は傍若無人のふるまいで、われ先に撮影をねだるため、出演者の顔がひきつっていましたね。
きっと毎度のことなのでしょう。中国人のマナーの悪さに辟易してしまいました。

【貞洞劇場の公演後の記念撮影】
貞洞劇場 チョンドン 記念撮影

スポンサードリンク
>>> トリップアドバイザー口コミ投稿で楽天スーパーポイント300ポイント進呈中


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0