韓国ソウルを楽しむためのB級グルメ、ホテル・滞在、観光、ショッピングなどのお役立ち情報等をとことん紹介します。

世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵

スポンサードリンク

韓国時代劇でお馴染みの朝鮮王朝の歴代王族の墓のひとつ、宣陵は江南エリアに位置する。
富裕層の多い江南(カンナム)の一等地のビル群に囲まれた、広大な王陵です。

地下鉄2号線盆唐線、宣陵駅8番出口から徒歩10分ほどでチケット売り場のある入り口に到着。
世界遺産にもなっている有名な観光地のわりに、大きなわかりやすい道案内の表示が少ないのが残念。
最初のチケット売り場の表示を見落とし、別方向に歩いてしまったため、随分遠回りをしてしまいました。

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

ぐるっと回り道したおかげで王陵の外観が把握でき、緑に囲まれた公園のような一帯の雰囲気がつかめました。
とにかく広いので、中を全部じっくり見るには時間と体力が必要です。

まずはチケットを購入(1000W)。日本語のパンフレットも準備されています。
宣陵に眠るのは、第9代王である成宗とその3番目の王后。
この王様はよく時代劇にも登場するお馴染の世宗(首陽大君)の孫。または悪名高い燕山君の父でもあります。
韓流ドラマ「王と私」に主要人物として登場していますね。

同じ敷地の別エリアにはドラマ チャングムの時代の王様である第11代王中宗の墓、靖陵もあります。

チケット売り場の入り口から近いのは、こちら靖陵です。こんもりした緑の小山のようなスタイルのお墓が特徴的です。
王族が眠る緑のこんもりしたお墓を陵寝(ヌンチム)とよび、武人、文人、動物をかたどった石像などが周囲を守護するよう置かれます。

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵 チケット売り場】

他に祭祀を行う丁字閣や、神聖な場所であることを示す赤い門などがセットで配置されています。
独特の建築様式は儒教文化や風水の影響が大きいようです。

【世界遺産 朝鮮王陵 宣陵 靖陵】

このような王陵は釜山の近くの慶州などにも見られますが、ソウルの都心部に残っているのが驚きです。近代的な景観との対比が面白い。

韓流時代劇にハマった方も多いと思います。ぜひ一度訪れて、往時を偲んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
>>> トリップアドバイザー口コミ投稿で楽天スーパーポイント300ポイント進呈中


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0